【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話

シャーロック・ホームズの事件簿
 The Case-Book of Sherlock Holmes
ショスコム荘 Shoscombe Old Place
※新潮文庫『シャーロック・ホームズの叡智』コナン・ドイル/延原 謙 訳より

「うまい! 即席の簡単な描写だが、それでどうやらこの男がわかる」

‘Capital, Watson! A thumb-nail sketch. I seem to know the man.’

 

「それからどうしました? ますますお話が面白くなってきました」

‘Go on, Mr. Mason. You get more and more interesting.’

 

「それは賢明でした」

‘That was wise.’

 

「しだいに材料が集まってくるね、ワトスン君」

‘We are getting some cards in our hand, Watson,’

 

「いまはただ結果から推察するしかないが、妙にこんがらがった性質のもののように思われる。だがそのため却ってわれわれは助かるのだ。無色平凡な事件になると、手がつけられない」

‘We can only guess at it from its effects. They seem to be of a curiously mixed character. But that should surely help us. It is only the colourless, uneventful case which is hopeless.’

 

「この事件には思考の方向が二つあるのだから、混同しないでもらいたい」

‘There are two, and I beg you will not tangle them.’

 

「私はシャーロック・ホームズというものです」と彼はみずから名のりをあげて、「たぶんお聞きおよびと思います。とにかく私はつねに善良な市民の味方をするものであり、法律を支持するものです」

‘My name is Sherlock Holmes,’ said my companion. ‘Possibly it is familiar to you. In any case, my business is that of every other good citizen – to uphold the law.’

 

「事実を明らかにするのは私の任務でしたが、明らかになったら手を引くしかありません」

‘It was my duty to bring the facts to light, and there I must leave it.’