【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話

シャーロック・ホームズの事件簿
 The Case-Book of Sherlock Holmes
隠居絵具屋 The Retired Colourman
※新潮文庫『シャーロック・ホームズの叡智』コナン・ドイル/延原 謙 訳より


「そうさ、哀れなつまらない男だ。だが人生ってすべて哀れでつまらないものじゃないだろうか? あの男の身のうえも、人生の縮図にすぎないのじゃないだろうか? 手をのばして、何かをしかと握る。その手のなかに残るものは何か? 影だ。いや、影ならまだいいほうで、苦悩だけだ」

‘Exactly, Watson. Pathetic and futile. But is not all life pathetic and futile? Is not his story a microcosm of the whole? We reach. We grasp. And what is left in our hands at the end? A shadow. Or worse than a shadow – misery.’

 

「詩情は止したまえ」

‘Cut out the poetry, Watson,’

 

「君はその気にならないからさ。僕はそこから義足と見ぬいた」

‘No, you wouldn’t. I spotted his artificial limb.’

 

「話をつづけてくれたまえ。すっかり面白くなってきたよ」

‘Pray continue, Watson. I find your narrative most arresting.’

 

「悪くとらないでくれたまえ。僕の非人情は知っているじゃないか?」

‘Don’t be hurt, my dear fellow. You know that I am quite impersonal.’

 

「この事件もいよいよ大詰めだな」

‘Clearly we have come to a crisis in this affair.’

 

「いたって簡単なことですよ。死体はどうしたのですか?」

‘Only this: What did you do with the bodies?’

 

「私はもし探偵にならないとすれば、気さえ向いたら泥棒になっていたでしょう。しかも泥棒で大いに頭角を現し得たと確信します」

‘Burglary has always been an alternative profession had I cared to adopt it, and I have little doubt that I should have come to the front.’

 

「まあいいさ、マキノンはいい男だからね」ホームズは寛大な微笑をうかべていった。「これを記録簿に綴じこんでおきたまえ。いつかは真相を語るときもあるだろうよ」

‘Well, well, MacKinnon is a good fellow,’ said Holmes with a tolerant smile. ‘You can file it in our archives, Watson. Some day the true story may be told.’